トランプ氏の信用、中ロ首脳に劣る コロナで悪化 国際調査

トランプ氏は中ロの首脳より信用できないとする国際調査結果が発表された/Susan Walsh/AP

トランプ氏は中ロの首脳より信用できないとする国際調査結果が発表された/Susan Walsh/AP

(CNN) 米世論調査機関「ピュー・リサーチ・センター」は26日までに、新型コロナウイルス対策への失望が原因で国際社会における米国の評判は失墜し、一部の同盟国の国民によるトランプ大統領への信頼感は中国の習近平(シーチンピン)国家主席やロシアのプーチン大統領より劣るとの調査結果を明らかにした。

米国への好感度は英国、カナダ、フランス、日本やオーストラリアで少なくとも過去20年間での最低水準を示したとも指摘。

トランプ氏への個人的な評価はさらに悪化し、英国、スペイン、仏独ではブッシュ(子)元米大統領の在任時代の最低記録と同一の水準だった。

今回調査の対象だった主要な13カ国は全て、米国の新型コロナ対応策を中国、世界保健機関(WHO)、欧州連合(EU)や自らの国より悪いと受けとめていた。

同センターは過去20年間、米国の最も重要なパートナーである13カ国の対米観などを毎年調査。今回は豪州、ベルギー、カナダ、デンマーク、仏独、イタリア、日本、オランダ、韓国、スペイン、スウェーデンと英国の成人1万3000人以上に電話で意見を尋ねた。

調査結果によると、米国の新型コロナ対策を良いとしたのは6人に1人以下で、非常にお粗末としたのは大半の国で大多数を占めた。トランプ氏を支持したのは右派やポピュリスト政党寄りの一部の調査対象者だった。

カナダや西欧諸国でトランプ氏の国際問題での行動を正しいとしたのは5人に1人以下。ベルギー、デンマーク、仏独で同氏への信頼を示したのは10人のうちの約1人だった。

調査対象者の大多数はメルケル独首相やマクロン仏大統領を信用すると回答。ジョンソン英首相の場合は半数以下だった。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]