エドワード・スノーデン容疑者、自伝の収益など5.2億円の支払いに同意

中央情報局(CIA)元職員エドワード・スノーデン容疑者/The Guardian via AFP/Getty Images

中央情報局(CIA)元職員エドワード・スノーデン容疑者/The Guardian via AFP/Getty Images

(CNN) 米司法省が中央情報局(CIA)元職員エドワード・スノーデン容疑者に対し、著書や講演で得た収益を放棄するよう求めていた民事訴訟で、容疑者側が500万ドル(約5億2300万円)を支払うことに同意したことがわかった。

スノーデン容疑者は2013年に米政府の情報収集活動を暴露して刑事訴追された。ロシアへ亡命し、現在も同国に滞在している。

司法省は、同容疑者が昨年出版した自伝「スノーデン 独白:消せない記録」がCIAや国家安全保障局(NSA)との秘密保持契約に違反していたとして訴えを起こした。連邦裁判所判事はすでに司法省側の主張を認め、金額の検討に入っていた。

法廷文書によると、スノーデン容疑者は同書の印税などで420万ドルの収益を得たほか、56回に及ぶ有償の講演で1回当たり平均1万8000ドル、計103万ドル前後の報酬を受け取った。

ただしスノーデン容疑者の弁護士は、米政府への支払いがただちに実行されるわけではないと主張。判事が同容疑者の法的責任を認めた判断自体に対する上訴を検討していると述べた。同容疑者の資産は国外にあり、米政府が差し押さえることは難しいだろうとも指摘した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]