米国で初めてコロナ陽性の犬、7歳で死ぬ 死因は不明

米国で初めて新型コロナ陽性と判定された7歳の犬が死亡した/Centers for Disease Control and Prevention

米国で初めて新型コロナ陽性と判定された7歳の犬が死亡した/Centers for Disease Control and Prevention

(CNN) 米国で初めて新型コロナウイルス陽性と判定された犬が、3カ月に及ぶ闘病の末、今月11日に死んでいたことが分かった。米誌ナショナル・ジオグラフィックが伝えた。

死んだのはニューヨーク市スタテン島に住む7歳のジャーマンシェパード「バディ」。新型コロナの合併症で死んだのか、血液のがんであるリンパ腫によって死んだのかは不明。新型コロナは飼い主のロバート・マホーニーさんから感染した可能性が高い。

治療には参加しなかったものの医療記録を確認した獣医師2人は同誌に対し、バディは恐らくがんを患っていたとの見方を示した。

同誌は「がんを患っていたせいで新型コロナウイルスに感染しやすくなったのか、ウイルスによって具合が悪くなったのか、あるいは偶然タイミングが一致しただけなのかは分かっていない」と報じている。

バディが体調を崩したのは今年4月。マホーニーさんは新型コロナウイルスが原因ではないかと疑ったが、検査を行う獣医師が見つかったのは5月半ばのことだった。

6月2日には米農務省がバディについて、米国で新型コロナ陽性と判定された初めての犬だと確認。「呼吸器疾患の兆候を示したことを受け、検体が採取された」「完全回復するとみられている」と述べていた。

しかし、その後もバディの体調は悪化し続けた。ロバートさんの妻のアリソン・マホーニーさんは同誌の取材に、バディは7月11日までには固まった血を吐いていたと明かした。

農務省によると、米国で新型コロナ感染が確認された犬や猫は25匹に満たない。感染者と一緒に暮らす動物の検査は義務付けられておらず、米国で何匹のペットが感染しているのか、人間と同じく基礎疾患がある場合にリスクが高くなるのかは不明。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]