抗議デモ参加の黒人女性、遺体で発見 米フロリダ州

遺体で発見されたオルワトイン・サラウさん/Alina Amador

遺体で発見されたオルワトイン・サラウさん/Alina Amador

(CNN) 米フロリダ州で黒人への暴力に抗議するデモに参加していた活動家の黒人女性ら2人が行方不明となり、1週間後に遺体で発見された。警察は殺人事件として捜査している。

同州タラハシーの警察は13日にオルワトイン・サラウさん(19)とビクトリア・シムズさん(75)の遺体を発見。これまでに容疑者の男(49)を逮捕した。

サラウさんは今月6日から行方が分からなくなった。同日のツイートで、滞在先の教会に忘れ物を取りに行こうとした際、車に乗せてくれた男から性的虐待を受けたと訴えていた。逮捕された容疑者がこの男と同一人物かどうかは明らかでない。

シムズさんは長年、高齢者団体でボランティア活動に取り組んでいた。

サラウさんは「ブラック・ライブズ・マター(黒人の命は大切)」と訴える抗議運動を熱心に支持していた。タラハシーで先月、トランスジェンダーの黒人が警官に射殺された事件に抗議するデモに参加し、「私は自分の肌の色を変えられない。その肌のせいで死ぬことになるなんて」と声を上げる場面の映像が、ネット上で拡散している。

友人によると、サラウさんは熱心な活動家であると同時に、独学のアーティストでもあった/Alina Amador
友人によると、サラウさんは熱心な活動家であると同時に、独学のアーティストでもあった/Alina Amador

長年の友人らによると、サラウさんは独学で裁縫や自分が着る服のデザインなどを手掛け、写真家に依頼されてモデルも務めていた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]