共和党支持者、3割がトランプ氏の「違法行為」認めるも罷免は別か

共和党支持者の3割以上がトランプ氏の違法行為の可能性を示唆した調査が明らかになった/MANDEL NGAN/Getty Images

共和党支持者の3割以上がトランプ氏の違法行為の可能性を示唆した調査が明らかになった/MANDEL NGAN/Getty Images

(CNN) トランプ米大統領が大統領選の期間中や就任後に何らかの違法行為を犯した可能性について、共和党を支持する有権者の3割以上が「多分」あるいは「確実」と考えていることが、最新の世論調査で明らかになった。

米調査機関ピュー・リサーチ・センターが新たに発表した世論調査の結果によると、共和党支持者のうち32%が、トランプ氏の就任前後に「恐らく」または「確実に」違法行為があったと答えた。

一方、上院で始まったウクライナ疑惑をめぐる弾劾(だんがい)裁判で、トランプ氏が罷免(ひめん)されるべきだと答えた共和党支持者は12%にとどまった。同党支持者の86%は「罷免されるべきではない」との立場を示した。

「恐らく」または「確実に」違法行為があったと答えたグループの中でも、「罷免されるべきではない」との回答が59%と、半数を超えていた。

CNNのクリス・シリザ編集主幹はこの結果について、2通りの解釈があり得ると指摘。「違法行為があったとしても、それはウクライナ疑惑とは無関係の行為だった」という意味にもとれるが、「トランプ氏は仲間だから」との意識が順法意識よりも優先されているとしたら大問題だ、と懸念を示している。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]