米国のホームレスが2.7%増、カリフォルニア州の増加響く

米住宅都市開発省の調査によれば、一夜でもホームレスの状態を経験した人の数は前年比2.7%増加した/Mario Tama/Getty Images

米住宅都市開発省の調査によれば、一夜でもホームレスの状態を経験した人の数は前年比2.7%増加した/Mario Tama/Getty Images

(CNN) 米住宅都市開発省は22日までに、全米規模でのホームレスの人数が今年これまで、前年比で2.7%増を記録したと報告した。

カリフォルニア州での増加が押し上げ要因で、ベン・カーソン同省長官は報道発表文で住宅費が極めて高い西海岸地域で増え続けていると指摘。「同州のホームレスの問題は実際、危機的な水準にあり、地元自治体や州政府は緊急対策に等しい対応を迫られている」と主張した。

同省によると、今年これまで一夜でもホームレスの状態を経験した住民数は全米規模で計56万7715人。前年比で1万4885人増だった。

ただ、退役兵士や子ども連れの家族の場合はそれぞれ2.1%と4.8%減った。

地域別に見た場合、ホームレス人口は29州と首都を抱えるコロンビア特別区で減少。カリフォルニア州と他の西海岸地域での増加がこの減少分を相殺した形だった。同州では今年、さらに2万1306人増となり、前年比では16.4%拡大していた。

カリフォルニア州ロサンゼルスのホームレス問題に対応する行政当局によると、ロサンゼルス郡内での人数は今年、約6万人に増加。問題解決に向けた大がかりな投資が奏功していない現状に言及した。

ホームレスとなる背景要因には、経済、養護施設、精神衛生行政、刑事司法や住宅市場などの問題点が絡むとも説明した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]