4千万円超の寄付集めた美談はでっち上げ、ホームレスとカップル起訴

4千万円超の寄付集めた美談はでっち上げ/GoFundMe

4千万円超の寄付集めた美談はでっち上げ/GoFundMe

(CNN) ホームレスの男性が所持金をはたいてカップルを助けたという美談。ソーシャルメディアで評判になり、男性支援の名目で40万ドル(約4500万円)の寄付が集まった。ところがこの美談はでっち上げだったことが分かったとして、ニュージャージー州バーリントン郡の検察は15日、3人を窃盗などの罪で起訴したと発表した。

起訴されたのは、ケイト・マクルーア被告と交際相手のマーク・ダミコ被告のカップル、およびホームレスだったジョニー・ボビット被告の3人。

マクルーア被告らは、フィラデルフィアで車が動かなくなった時にボビット被告と出会い、ボビット被告の最後の所持金だった20ドルをもらって、ガソリンを買うことができたと説明していた。カップルはボビット被告に感謝の気持ちを伝えるためとして、クラウドファンディングサイトで寄付を募った。

この経緯について、スコット・コフィナ検察官は記者会見で、「寄付金を集めた恩返しの話は出来すぎている印象だった」と述べ、「残念ながら、本当に出来すぎだった。キャンペーンは全て、うそに基づいていた」と指摘した。

検察官によると、キャンペーンの結果、手数料を差し引いて約36万7000ドルが集まり、全額がマクルーア被告の口座に振り込まれた。ボビット被告は7万5000ドルを受け取り、マクルーア被告とダミコ被告は自動車や高級ハンドバッグ、旅行、カジノなどに多額を費やしていたという。

ボビット被告はマスコミに登場するなどして、キャンペーンの宣伝に一役買っていた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]