ヒラリー氏、再出馬への圧力認めるも「予定なし」

多くの人々から大統領選への再出馬を求められていると語るヒラリー・クリントン氏/Guy Bell/Shutterstock

多くの人々から大統領選への再出馬を求められていると語るヒラリー・クリントン氏/Guy Bell/Shutterstock

ワシントン(CNN) 2016年米大統領選の民主党候補だったヒラリー・クリントン元国務長官は12日、英BBCラジオとのインタビューで、来年の大統領選に出馬するよう求める声が多いことを認める一方、その予定はないと強調した。

クリントン氏はインタビューで出馬の可能性を問われて「絶対にないとは決して言わない」と答え、非常に多くの人々から再出馬を求める「多大な圧力」を受けていると明言。しかし「この瞬間、このスタジオに座ってあなたと話している時点で、私の計画には一切ない」と、立候補の意思を否定した。

CNNはこれまでの報道で、同氏には民主党内から出馬要請の声が寄せられているものの、本人が応じる可能性は依然として低いと伝えてきた。

クリントン氏は今年3月に不出馬を表明した。しかし最近、トランプ大統領との間で非難の応酬が再燃していることから、出馬を検討中ではないかとの臆測も流れていた。

先月にはトランプ氏がクリントン氏に向け、再出馬して「極左」エリザベス・ウォーレン上院議員から党指名を奪い取るべきだとツイートしたのに対し、クリントン氏は「私をけしかけていないで、自分の仕事をしなさい」と反撃した。

クリントン氏はインタビューで「私だったらどんな大統領になったか、私ならどうしたか、米国と世界にとってそれが何を意味しただろうか」を常に考えているとも語り、次期大統領は「壊れた物を全て直すという大きな課題」を抱えることになると指摘した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]