トイレに薬物流せば「覚醒剤ワニ」も、警察が注意喚起 米テネシー州

下水に捨てられた薬物が貯水池から河川に流れ込んで、野生のワニに影響を及ぼすという/RHONA WISE/AFP/Getty Images

下水に捨てられた薬物が貯水池から河川に流れ込んで、野生のワニに影響を及ぼすという/RHONA WISE/AFP/Getty Images

(CNN) 米テネシー州ロレットの警察が住民に対し、覚醒剤などの違法薬物をトイレや洗面台に流さないよう呼びかけた。下水に薬物が混入すれば「覚醒剤ワニ」ができてしまう恐れがあるとしている。

「下水道の担当者は、川の水よりもさらにきれいな水を放出することを誇りとしている。だが覚醒剤に対応できる状況にはない」。ロレット警察はソーシャルメディアへの投稿でそう指摘した。「カモやガンなどの鳥類は、われわれの貯水池に頻繁に飛来する。全部が覚醒剤で興奮したらと考えると恐ろしい」

この投稿は、メタンフェタミンなどの薬物を自宅で下水に流そうとしていた容疑者を警官が発見したことを受け、13日にフェイスブックに掲載された。

今回は容疑者が逮捕されたものの、同警察によれば、これは同市にとって大きな問題になりつつある。下水道に入った薬物は貯水池に流れ込み、いずれ河川に放出される。

そうなれば、ショール川にすむワニが薬物を摂取してしまう恐れもあると警察は述べ、覚醒剤で興奮した動物が過去数週間の間に何匹もいたと伝えている。

薬物は処方薬も含め、適切に廃棄するため警察に持ち込むようロレット警察は呼びかけ、トイレに流してはいけないと訴えている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]