米軍、カタールへF22機を初の配備 イランに対応

カタールのアル・ウデイド空軍基地への着陸準備に入る最新型戦闘機F22/Staff Sgt. Ashley Gardner/US Air Force

カタールのアル・ウデイド空軍基地への着陸準備に入る最新型戦闘機F22/Staff Sgt. Ashley Gardner/US Air Force

香港(CNN) 中東などを管轄する米中央軍は29日までに、カタールのアル・ウデイド空軍基地へステルス性能を持つ最新型戦闘機F22を派遣したとの声明や関連写真を発表した。

イランとの対立関係が先鋭化する中で、中東地域で戦力増強を図る戦略の一環。カタールへの同機配備は初めて。米空軍は、中央軍が責任を担う地域で米軍戦力と利益を防衛するための措置とした。

F22は27日に既に同基地に到着したが、詳しい機数には触れなかった。公開された写真を見る限り、少なくとも5機が確認された。

オーストラリア元空軍将校の軍事専門家は今回の派遣について、イランとの敵対関係が制御出来ず最悪の事態となった場合、同国のS300などの防空ミサイル網をたたくのが目的の可能性があると指摘。S300を最初に破壊し、その後、ステルス性能に劣る他の航空機を動員して制空権確保に当たるだろうと述べた。

アル・ウデイド空軍基地に到着したF22/Tech. Sgt. Nichelle Anderson/US Air Force
アル・ウデイド空軍基地に到着したF22/Tech. Sgt. Nichelle Anderson/US Air Force

米国とイランの関係悪化に伴いイラン近辺の海域では最近、不穏な衝突などが続発。イランはホルムズ海峡上空で米国の小型無人飛行機(ドローン)を地対空ミサイルで撃墜したとも発表していた。

また、同海峡近くでは今月、原油タンカー2隻で爆発が起き、米国はイランの関与を主張した。イランは否定している。

米国はこの爆発事件を受け、中東への兵力増派や空母打撃群、戦略爆撃機B52の派遣にも踏み切っていた。

カタールはペルシャ湾をはさんでイランと向き合い、アル・ウデイド空軍基地には米軍将兵ら1万1000人以上が駐屯。中東における米軍兵力の集結では最大規模となっている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]