市が身代金6千万円超支払いへ、ランサムウェア感染でコンピューター使えず 米フロリダ州

コンピューターがランサムウェアに感染した米自治体がハッカーへの身代金支払いを決定/Geza Farkas/Shutterstock/Shutterstock

コンピューターがランサムウェアに感染した米自治体がハッカーへの身代金支払いを決定/Geza Farkas/Shutterstock/Shutterstock

(CNN) 米フロリダ州リビエラビーチ市が、ランサムウェア(身代金要求ウイルス)に感染してコンピューターが使えなくなる被害に遭い、犯人の要求に応じて身代金65ビットコイン(約60万ドル=6400万円相当)を支払うことを決めた。

発端は、職員が3週間前に悪質な電子メールのリンクをクリックしたことだった。

CNN系列局WPECによると、コンピューターシステムを使えなくなった地元警察と消防局は、毎日何百件もかかってくる通報電話の内容を、手書きで紙に書きとめる対応を強いられていた。

市は保険の給付金を身代金の支払いに充てる方針。支払いに応じれば、犯人によって暗号化されたデータが復旧できるとの期待をつなぐ。身代金を支払う一方で、捜査も継続する。

リビエラビーチは人口約3万5000人。マイアミから約130キロに位置する。

米国では自治体や警察、学校などを狙ったランサムウェアの被害が増えている。システムを復旧するため要求に応じ、多額を支払っている自治体もある。

先月はボルティモア市のシステムにランサムウェアが感染し、同市はネットワークを隔離して、業務の大半を手作業で行う事態に追い込まれた。

3月にはニューヨーク州の州都オルバニーもランサムウェアの被害に遭っていた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]