北朝鮮ハッカー、米企業やインフラに攻撃 現金獲得狙いか

北朝鮮のハッカーが米国の企業やインフラに攻撃を仕掛けているとの報告書が発表された/CNN

北朝鮮のハッカーが米国の企業やインフラに攻撃を仕掛けているとの報告書が発表された/CNN

(CNN) 米セキュリティーソフト大手マカフィーは5日までに、北朝鮮のハッカー集団が米国の企業や重要インフラに対し、盛んにサイバー攻撃を仕掛けているとの報告書を発表した。

マカフィーによると、北朝鮮のハッカー集団は世界各地で金融、通信、エネルギー、防衛業界の計80社近くに侵入を図っていた。政府自体が狙われたケースもあるという。

攻撃はトランプ米大統領と金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長による2回目の首脳会談の間も続いていた。最近攻撃が多かった主な標的としてはドイツ、トルコ、英国や米国が挙げられるという。

世界各地で銀行を攻撃し、盗みを繰り返しているハッカー集団「ラザルス」と共通する「技術的な関連性」が多数見つかったという。

マカフィーは電子情報の証拠だけでなく、捜査当局や政府機関による従来型の検証も必要だとしたうえで、同社の顧客が必要としている情報として、こうした共通点を報告する義務があると強調した。調査は「政府機関」と共同で実施したと述べたが、どの政府なのかは明言していない。

北朝鮮のハッカー集団は世界でも巧妙な手口で知られるが、政府は一貫して関与を否定している。

米国のデマーズ司法次官補は、北朝鮮の関与が指摘される攻撃について、現金の獲得に目的を絞っているのが特徴だと指摘する。

米当局者らは先週、北朝鮮が国際社会からの制裁に苦しみ、資金を獲得するために金融機関を狙ったサイバー攻撃を活発化させているとの見方を示していた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]