ナウアート氏、国連大使への指名を辞退 「家族にとって最善」

ナウアート国務省報道官。国連大使への指名を辞退した/Alex Wroblewski/Getty Images

ナウアート国務省報道官。国連大使への指名を辞退した/Alex Wroblewski/Getty Images

(CNN) トランプ米大統領がヘイリー前国連大使の後任に指名するとの方針を示していたナウアート国務省報道官が16日、指名を辞退すると発表した。

トランプ氏は昨年12月初めのツイートで同氏を指名すると表明したが、上院での正式な承認手続きは始まっていなかった。

ナウアート氏は国務省からの声明を通し、「国連大使への起用を検討してくれたトランプ氏とポンペオ国務長官の信頼に感謝する」と述べる一方、「私の家族はこの2カ月間、つらい思いをしてきた。辞退することが家族にとって最善だ」との考えを示した。

国務省によると、トランプ氏が近く新たな候補を指名する。

ポンペオ氏は声明で、ナウアート氏の「個人的決断」に「大きな敬意を払う」と述べた。

ナウアート氏は米FOXニュースの司会者を経て2017年に国務省入りした。外交、政治経験の乏しさが指摘され、指名承認手続きは難航するとの見方が強かった。

FOXニュース時代の09年には、米国内のイスラム教原理主義者が国家の「破壊」を企てているという事実無根の説を紹介した特集番組で司会を務めていた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]