米バージニア州知事が謝罪、学生時代の人種差別的写真で 

米バージニア州のラルフ・ノーサム知事が学生時代の人種差別的な写真で謝罪/Twitter / @GovernorVA

米バージニア州のラルフ・ノーサム知事が学生時代の人種差別的な写真で謝罪/Twitter / @GovernorVA

(CNN) 米バージニア州のラルフ・ノーサム知事(民主党)は1日、人種差別的な仮装で学校のアルバム写真に登場していたことを認めて謝罪した。写真では1人が顔を黒塗りにし、もう1人は白人至上主義団体「クー・クラックス・クラン(KKK)」の白い覆面とローブを身に付けている。

写真はCNNが入手したもので、東バージニア医学校の1984年のアルバムに収録されている。ノーサム氏は自身がどちらの仮装をしていたのか明らかにしなかった。

この写真については保守系ウェブサイト「ビッグリーグ・ポリティクス」が最初に報じていた。

もう1人の人物の身元は現時点では不明。写真の下には「世の中には高齢の医者よりも酔っ払った老人の方が多いので、もう1本ビールを飲もうと思う」との文言が付されている。

WTKR
WTKR

ノーサム氏は声明で写真に写っていることを認め、問題の仮装は「明らかに人種差別的で侮辱的だ」と釈明。「この写真への登場を決めたことを深くおわびする。この決断によって当時も今も人々を傷つけてしまい、申し訳なく思う」と述べた。

さらに「こうした振る舞いは今日の私のあり方や、軍や医学、公職のキャリアを通じて目指してきた価値観とは相いれない」としている。

ノーサム氏は元小児神経科医で陸軍軍医も務めた。州知事には2017年に当選していた。

写真の発覚を受け、共和党指導部やケリーアン・ コンウェイ米大統領顧問、進歩派陣営からは即座に批判の声が上がった。

全米黒人地位向上協会(NAACP)のデリック・ジョンソン会長は「顔の黒塗りは常に人種差別であり、決して許されない」として、ノーサム氏の辞任を求めた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]