中国人俳優、日本人の交際相手への暴行認め謝罪 ネットで非難や賞賛も

中国の人気俳優が交際相手の日本人女性に暴力を振るったことを認め、謝罪した/Haruka Nakaura/Instagram

中国の人気俳優が交際相手の日本人女性に暴力を振るったことを認め、謝罪した/Haruka Nakaura/Instagram

北京(CNN) 中国の人気俳優が交際相手だった日本人女性に暴力を振るっていたことを認め、本人と家族に謝罪した。中国では著名実業家も女性蔑視的発言を巡って謝罪に追い込まれており、両性の不平等問題についてSNSなどで論議が交わされている。

モデル出身で映画やテレビドラマに出演していた俳優の蒋勁夫(ジャンジンフー)さん(27)は20日、交際していた日本人女性に対するドメスティックバイオレンス(DV)について、「衝動的な行為」だったとして本人と家族に謝罪したことを明らかにした。

中国のSNS「微博(ウェイボー)」への投稿で蒋さんは、「どんな理由であれ、手を上げるべきではなかった」と振り返り、「自分の行動を恥じている。言い訳はしない。自分の行動の責任を取り、罰を受け入れる」と書き込んだ。

蒋さんは問題が発覚する前まで日本に留学しており、交際相手の女性は、あざだらけになった顔や身体の写真をインスタグラムに投稿していた。この投稿が中国のSNSに引用され、瞬く間に広まった。

2016年、北京で開かれたブランドの記者発表会でレッドカーペットに到着した蒋勁夫さん/VCG/Visual China Group/VCG via Getty Images
2016年、北京で開かれたブランドの記者発表会でレッドカーペットに到着した蒋勁夫さん/VCG/Visual China Group/VCG via Getty Images

蒋さんの投稿には21万を超すコメントが寄せられている。蒋さんを批判して出演映画のボイコットを呼びかける声が多数を占める一方で、過ちを認めた「勇気」を称賛する声も多く、被害者の女性が蒋さんを「挑発」したとして女性を責める意見も少なくない。

20日には著名実業家の兪敏洪(ユーミンホン)氏(56)も、上海で行われたビジネスフォーラムで女性に関して行った発言について、誤った不適切な発言だったとして謝罪した。

兪氏は講演の中で、「中国人女性の衰退がこの国の衰退につながっている」と述べ、「良心は持たなくても金はたくさん持っている――それが現代の中国人女性が男性を選ぶ基準だ」と語っていた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]