米カリフォルニア州火災 死者50人に、高齢者ら103人が行方不明

カリフォルニア州パラダイス(CNN) 米カリフォルニア州北部で発生している火災「キャンプ」によって、多くの高齢者を含む103人が行方不明となっていることが15日までにわかった。カリフォルニア州ではキャンプ以外にも、南部で「ウールジー」と「ヒル」の2つの火災も発生しており、州全体での火災による死者数は少なくとも50人となった。

ビュート郡の保安官事務所によれば、103人の行方不明者の大部分がパラダイス地区の住人だという。2万7000人が住むパラダイス地区は8日に起きた山火事で最初に被害を受けていた。

住民の4分の1以上が高齢者で、行方不明者のうち少なくとも73人が65歳以上だという。

州全体で30万人以上が自宅からの避難を余儀なくされている。ロサンゼルス郡では17万人が避難した。

キャンプによる焼失面積は約526平方キロ。14日午前の時点で鎮火率は35%。この火事による死者は48人となっている。

ウールジーによる焼失面積は約395平方キロ。14日午前の時点で鎮火率は47%。この火事による死者は2人。

ヒルの鎮火率は14日午前の時点で94%となっている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]