息子逮捕で警察署長が苦渋の報告、シーク教徒襲撃 米加州

シーク教徒を襲撃 米カリフォルニア州

(CNN) 米カリフォルニア州マンテカでシーク教徒の71歳男性が路上で2人組の男に襲われ暴行を受けた事件で地元警察は11日までに、近くのユニオンシティーの警察署長の18歳の息子を容疑者として逮捕したと発表した。

署長は息子の逮捕を知らされる数時間前、ユニオンシティーのシーク教徒との会合に出席し、マンテカでのような事件阻止の対策などを話し合っていた。息子が容疑者との情報を知った後、警察のフェイスブック上でこの事実を伝えなければならないことに大きな嫌悪感を感じると苦渋の心境を吐露していた。

同署長によると、容疑者は数年前に「不良集団」とかかわり始め、窃盗関連の犯罪で刑務所に送られたこともあるという。ここ数カ月間は家を離れていたとしている。

襲撃の場面は近くの民家の監視カメラでとらえられていた。口論が発生し、蹴(け)られた被害者が倒れた後、立ち上がって抵抗の構えを見せてまた蹴られ、再び倒れ込むなどの様子が収められていた。容疑者1人の姿も映っていた。

71歳男性の負傷の程度は伝えられていない。

警察署長の息子は強盗未遂、高齢者虐待や致死性の兵器所持での暴行の罪に問われている。マンテカの地元警察によると、事件に関連し16歳少年も逮捕された。

マンテカ近くのスタニスラウス郡でも最近、シーク教徒の50歳男性が襲われる事件が起きていた。マンテカでの暴行も含めシーク教徒を狙った憎悪犯罪(ヘイトクライム)の可能性もあるとして調べていた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]