歩兵小隊に初の女性指揮官が誕生、米海兵隊

過酷な訓練を経て、女性で初めて米海兵隊歩兵小隊を指揮するマリーナ・ヒアール中尉/Sgt. Gregory Boyd/Office of Marine Corps Communication

過酷な訓練を経て、女性で初めて米海兵隊歩兵小隊を指揮するマリーナ・ヒアール中尉/Sgt. Gregory Boyd/Office of Marine Corps Communication

(CNN) 米海兵隊は11日までに、歩兵小隊の指揮官に女性将校が海兵隊史上、初めて起用されたと発表した。マリーナ・ヒアール中尉(24)で、昨年には過酷な内容で知られる将校訓練課程を女性として初めて修了していた。

同中尉は今後、海兵隊第2大隊第4中隊の第3小隊指揮官として男性兵士約35人を束ねることになる。同小隊は現在、オーストラリア北部で数カ月間にわたる訓練を受けている。

海兵隊の報道担当者は声明で、「海兵隊隊員を指揮することは我々の全ての将校がそうであるように、ヒアール中尉が自らの懸命な努力と決意で獲得した名誉と特権である」とたたえた。

同中尉は米紙ニューヨーク・タイムズの取材に、高校卒業後、海兵隊への興味を初めて抱き将校になるため大学進学が良策と決めたと明かしていた。「自分の人生で何か重要なことをしたかった。仲間のためには死ぬことをいとわないグループの一員になりたかった」とも振り返っていた。

同紙によると、海兵隊に従軍する女性は現在、1万5885人。同隊の現役の全兵士のうち約8・6%となっている。

同中尉が大学在学中だった2013年まで、女性兵士は戦闘任務から外されていた。特に戦闘に遭遇する恐れが高い任務への女性兵士起用については海兵隊の抵抗が強かった。ただ、この方針は2015年に全軍を対象に撤回されていた。

ヒアール中尉が将校訓練課程を乗り切った昨年には、海兵隊の女性兵士3人が初めて歩兵大隊に配属されてもいた。

海兵隊の歴史を振り返ってみれば、100年前の8月13日には初めて女性兵士が入隊している。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]