米政府機関が閉鎖 上院、つなぎ予算案通せず

共和党の上院トップ、マコネル院内総務

共和党の上院トップ、マコネル院内総務

(CNN) 米連邦政府の暫定予算の期限切れが迫っている問題で上院(定数100)は19日夜、採決を実施したが、賛成50、反対49で可決に必要な60票に届かず否決した。一部の政府機関は翌20日未明から閉鎖される重大事態となった。

予算案取りまとめが原因の政府機関の一部閉鎖はオバマ政権下の2013年以来。同一政党が連邦議会両院とホワイトハウスを押さえる中での閉鎖は米近代政治史上、初めて。今回の閉鎖はトランプ政権誕生から1年の節目に起きた。米ホワイトハウスは閉鎖は民主党の責任と非難した。

与野党間では閉鎖を阻止するための協議が引き続き行われているものの、意見対立の溝は依然深いままだ。

閉鎖回避を狙い、トランプ大統領や議会与野党幹部はぎりぎりの折衝を続け、共和党の上院トップであるマコネル院内総務は米東部時間の19日午後10時(日本時間20日午後0時)に採決を設定。

しかし、採決では可決に必要な60票を確保出来なかった。一部の共和党議員も否決する考えを示していた。共和党は上院で51議席を押さえているが、可決には民主党議員の支持票が必要となっていた。

下院では18日、来月16日までのつなぎ予算案が可決されていた。上院では、子どもの時に親に連れられて米国に来た不法移民の若者を強制退去にしない移民救済制度「DACA」の扱いなどが絡んで、期限を巡る与野党間の調整などが焦点となっていた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]