最新鋭潜水艦サウスダコタ実戦配備へ、中ロの追い上げに対抗

バージニア級潜水艦「サウスダコタ」の命名式の様子

バージニア級潜水艦「サウスダコタ」の命名式の様子

ワシントン(CNN) 世界で最も技術的に進んだ攻撃潜水艦とうたわれている米海軍のバージニア級潜水艦「サウスダコタ」。海面下における米国の優位に対して、ロシアや中国といったライバル国からの脅威が増すなか、そのサウスダコタが来年、正式に海軍艦隊に加わる予定だ。

潜水艦は海面下を潜航するため、その戦略的な価値は、敵の海域内やその周辺で探知されることなく航行して偵察・攻撃任務をこなす能力と直接結び付けられることが多い。

米国は長年、ライバル国により開発された潜水艦に対し技術的な優位を維持してきた。しかしロシアや中国による近年の進歩を受け、海面下における米国の優位性が脅かされ始めているとの懸念が生じている。

10月に命名式が行われたサウスダコタは、この優位を維持し、将来の開発に向けた技術的な青写真を描くための米海軍の取り組みとして最新のものだ。

バージニア級潜水艦の価格は現在、1隻27億ドル(約3000億円)ほど。

海軍の潜水艦隊70隻は主に、弾道ミサイル潜水艦、攻撃潜水艦、巡航ミサイル潜水艦の3種類で構成されている。

海軍が現在配備しているバージニア級攻撃潜水艦は17隻。沿海域や深海を航行するために建造されたものだ。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]