米F16戦闘機の墜落、原因はエンジンの不備

米メリーランド州で今年4月にF16戦闘機が墜落した件で、原因はエンジンの不備だったことが分かった

米メリーランド州で今年4月にF16戦闘機が墜落した件で、原因はエンジンの不備だったことが分かった

ワシントン(CNN) 今年4月に米東部メリーランド州でF16戦闘機が墜落した件で、事故の調査を行っていた調査官は31日までに、墜落の原因はエンジンの組み立てが不適切で、重要な部品がなかったためと結論づけた。

事故は4月5日、定期訓練中に起きていた。

空軍に発表によれば、戦闘機はアンドルーズ統合基地を飛び立った直後、命令していないのにエンジンが加速し、その後、推力が失われた。操縦士は低高度でエンジンの故障が発生した場合の手順を実行したという。

操縦士は無事に脱出したが、機体は地面に衝突し破損した。

空軍によれば、調査によって、アンチローテーションピンなどのエンジン制御に必要な部品が紛失していたことが判明した。誤って組み立てられたパイロット弁がエンジンへの燃料流量が異常に高いことを間違って検出し、エンジンの過熱や出火につながったという。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]