海軍兵士2人、薬物中毒で死亡 米南部の潜水艦基地

2017.10.18 Wed posted at 18:10 JST

[PR]

(CNN) 米南部ジョージア州のキングズベイ海軍潜水艦基地で先週から今週にかけ、兵士2人が薬物の過剰摂取とみられる原因で死亡したことが18日までに分かった。

海軍の発表によると、潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)「トライデント」の訓練施設に配属されていた1等兵曹が12日、基地近くの自宅で死亡しているのが見つかった。さらに同居していた原子力潜水艦「ワイオミング」配属の2等兵曹が16日、遺体で発見された。

いずれもコカインの過剰摂取による中毒死とみられるが、詳しい検査結果はまだ報告されていない。

地元警察が海軍と協力して調べを進めているという。

同基地では事態を深刻に受け止め、一斉検尿による薬物検査や指導、点検を徹底させる方針を示した。

メールマガジン

[PR]