ピーナツバターで12人脱獄、最後の1人捕まる 米

2017.08.02 Wed posted at 13:57 JST

[PR]

(CNN) 米南部アラバマ州の刑務所からピーナツバターを使って看守をだまし脱獄した12人のうち、逃亡していた最後の1人が捕まったことが2日までに分かった。保安官事務所が明らかにした。

保安官事務所によれば、12人目の脱獄囚は1日夕にフロリダ州マーチン郡で捕まった。刑務所のあるアラバマ州ジャスパーからは約960キロ離れている。

脱獄は7月30日の夜に発生していた。受刑者は、居室のドアの上に表示された番号をピーナツバターで不明瞭にしたうえで、中央管理室にいた新人の看守に対し、入室するので鍵を開けてほしいと声をかけた。看守は言われた通りの番号のドアを遠隔操作で解錠したが、これが実は外部へ通じるドアの番号だった。受刑者らは開いたドアを通って脱出したという。

保安官は記者会見で、受刑者が新人の看守を「弱点」だと知っていたと指摘。「彼らは、我々や刑務所で働く人々をだますためにすべての時間を費やしている。注意し続けなければならない。我々は失敗を犯した。言い訳するつもりはない。今回の出来事を引き起こしたのは人的ミスだった」と述べた。

受刑者は高さ約4.5メートルの有刺鉄線のフェンスに毛布をかけて、脱獄したという。脱獄にかかった時間は10分程度だったとみられる。

脱獄した12人のうち11人は8時間以内に拘束されていた。大部分はジャスパー地区で捕まったという。

メールマガジン

[PR]