ボディランゲージから読み解く、トランプ米大統領の思考

もはや代名詞? トランプ氏の印象深い「握手」集

(CNN) 米国のトランプ大統領の初の外遊が終わった。首脳外交の間に見せた握手や表情からは、大統領の人格の一端が垣間見える。

時として物議をかもすこともあるトランプ大統領の言動だが、大統領が見せたゼスチャーを手がかりに、その真の意図を専門家に読み解いてもらった。

前に出ようとする戦い

トランプ大統領はイタリアの北大西洋条約機構(NATO)本部で開かれた首脳会議で、モンテネグロのマルコビッチ首相を押しのけた。

ボディーランゲージに詳しいジュディ・ジェームズ氏によると、他人を押しのけて最前列に出ようとする行動は、トランプ氏が苦労して地位や権力を手にした人物であることをうかがわせるという。

「いつも注目されて育った子どもが、わざわざその立場を強調したり、人を押しのけてまでそうする必要性を感じたりすることは滅多にない」とジェームズ氏は解説する。「世界で最も高い地位に上り詰めてもまだ、トランプ氏はあらゆる場面で自分が一番であることを確認する必要性を感じずにはいられないようだ」

マルコビッチ首相を押しのけたトランプ大統領は、自分のジャケットを整え、マルコビッチ首相と目を合わせようとはしなかった。人は普通、他人を押しのければ謝ったり、言葉には出さなくても言い訳めいた行動をしたりする。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]