ハリケーン接近、キューバの米軍基地から家族700人避難

キューバのグアンタナモ米海軍基地

キューバのグアンタナモ米海軍基地

(CNN) キューバのグアンタナモ米海軍基地当局者は2日までに、カリブ海を移動している大型ハリケーン「マシュー」の接近を受け、同基地勤務の兵士の配偶者や子どもら約700人を米フロリダ州ペンサコーラへ避難させたと発表した。

キューバの気象観測当局は、マシューの進路になる可能性があるとしてカマグエイ県からグアンタナモ県にかけての東部地域にハリケーン注意報を発令している。

同基地の報道担当者はCNNに、沿岸警備隊の要員もフロリダ州マイアミ市に退避すると指摘。ただ、同基地に付設される拘束施設に収容されているテロ容疑者を移送させる計画はないと述べた。

米ハリケーンセンターによると、マシューは9月30日夜までに最強のカテゴリー5に成長していたが、1日夜までにはカテゴリー4に勢力を落とし、進行速度が緩やかになっている。ハリケーンは風速別に5段階に分けられている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]