警官による男性射殺の動画公開 米エルカホン

(CNN) 米カリフォルニア州エルカホンで男性が警官に射殺された事件で、地元警察は30日、発砲時の様子を携帯電話で捉えた動画や監視カメラの映像を公開した。動画はファストフード店の店員が撮影したもので、監視カメラはドライブスルーの窓の上に設置されていたもの。

公開された動画には、射殺されたアルフレッド・オランゴさんに対し、警官が4発発砲する様子が捉えられている。オランゴさんは武器を所持しておらず、警官らに向かって円筒状の電子たばこを向けていた。

この事件をめぐっては、地元警察が27日午後、外食店の裏に不審な動きをしている男性がいるとの通報を受け、警官を出動させた。警官らが現場に到着すると、オランゴさんは手をポケットに入れたまま前後に歩いたという。

地元警察によると、オランドさんが何かを素早く取り出し、両手で火器を握るようなしぐさをしたことから、警官の1人が発砲。もう1人がテーザー銃を発射した。2人とも3日間の停職処分を受けている。

地元警察によれば、通報したのはオランゴさんの姉妹を名乗る女性で、オランゴさんが精神疾患を抱えており、武器を携行していないことを伝えていた。ただ、この人物がオランゴさんの姉妹なのか捜査員らは確認していない。

一方、母親はオランゴさんが精神疾患を抱えていないと述べ、友人の死を悼んでいる状況だったとしている。

サンディエゴ郡の司法当局によれば、関与した警官2人を刑事訴追するかどうかの決定は下されていない。

オランゴさんの死を受け、同州サンディエゴ郊外では複数のデモが発生していた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]