ホームレス男性がお手柄、爆弾見つけて通報 米NJ

(CNN) 米ニューヨークでは29人が負傷した爆発事件が発生したが、近隣のニュージャージー州では、ホームレスの男性がごみ箱に置かれていたバックパックの中から爆弾を発見し爆発を阻止していたことが分かった。

ホームレスのリー・パーカー氏と友人のイバン・ホワイト氏は18日、ニュージャージー州エリザベスで、ごみ箱の上にバックパックが置かれているのを発見した。パーカー氏によれば、バッグを見つけたとき、「これは使える、ランチを中に入れられる」と思ったという。ホームレスのパーカー氏は持ち物を運ぶのに青色のごみ袋を利用していた。

中身を見てすぐ、2人は警察に通報した。

ホワイト氏は「中を見てすぐ、自分が何を目にしているのか分かった。チクタク鳴る漫画の爆弾ではなく、配線があった」と語る。

配線とパイプのかたまりは5つの爆弾だった。当局は前日にNYやニュージャージー州で発生した爆発との関連を考えたという。爆弾の1つは、その場でロボットによって爆破された。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]