トランプ氏、グローバル化を批判 TPP打ち切り約束

トランプ氏、グローバル化を批判

ペンシルベニア州モネッセン(CNN) 米大統領選で共和党の指名を確実にした不動産王ドナルド・トランプ氏は29日、ペンシルベニア州で通商政策について演説し、現政権の政策がグローバル化を促進させ、米国の製造業の雇用を失わせたと批判した。

同州の工場でつぶれたアルミ缶の壁の前に立って演説したトランプ氏は、製造業の雇用を取り戻し、「粉飾した制度」を終わらせると宣言。民主党の指名を確実にしたヒラリー・クリントン氏をそうした制度の代表と位置付けた。

トランプ氏は、自分が大統領に選出されれば環太平洋経済連携協定(TPP)は打ち切って、北米自由貿易協定(NAFTA)も再交渉すると約束した。

「我々の政治家は積極的にグローバル化の政策を追求し、我々の雇用や富や工場をメキシコと海外に移転させている」「グローバル化が金融エリートを作り出し、その寄付によって政治家はものすごく裕福になった。私もかつてはその1人だった」とトランプ氏は述べ、クリントン氏は自由貿易協定を支持しているとして繰り返し非難した。

クリントン氏が大統領になっても「何も変わらない」とトランプ氏は主張し、「都市中心部は貧しいまま、工場は閉鎖されたままになる」と訴えている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]