絶滅危惧種の魚死ぬ、侵入者が生息地でらんちき騒ぎ 米

絶滅危惧種の魚が死んでいるのが見つかった

絶滅危惧種の魚が死んでいるのが見つかった

(CNN) 米ネバダ州の自然保護区でこの地にしか生息しない希少な絶滅危惧種の淡水魚「キプリノドン・ディアボリス」の生息地が荒らされ、1匹が死んでいるのが見つかった。米国立公園局やナイ郡の捜査当局は、保護区に侵入した男が魚を殺した疑いがあると見て調べている。

公園局や警察の調べによると、デスバレー国立公園で4月30日、3人の男が自然保護区のデビルズホールに侵入。このうちの1人が裸で浅瀬を歩き回って藻を踏み荒らし、泥を巻き上げる姿が防犯カメラに映っていた。

男たちは汚れた下着やビールの空き缶、吐しゃ物を残して立ち去った。近くにキプリノドン・ディアボリスの死骸があった。死因は不明だが、当局は男たちの侵入が原因で死んだ疑いがあるとみて調べている。国立公園局によれば、キプリノドン・ディアボリスは4月の時点でわずか115匹しか残っていなかった。

国立公園局は、「防犯カメラには浅瀬を歩き回る男の姿が映っており、この男が魚にストレスを与えて踏みつぶした可能性がある。キプリノドン・ディアボリスは動きが遅くておとなしく、天敵がいなくて好奇心が強い」と話している。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]