トランプ氏、日本の武装を改めて主張 北の核の脅威に対応で

共和党候補のドナルド・トランプ氏

共和党候補のドナルド・トランプ氏

米大統領選に向けた共和党の指名争いでトップを走るドナルド・トランプ氏は2日、米ウィスコンシン州での遊説で、日本は北朝鮮による核の脅威から自力で身を守るために武装するべきだと改めて主張した。

トランプ氏は同州ウォーソーでの演説で日本の防衛問題について、「彼らが武装しないのが望ましいとは思うが、このまま巨額の金を払い続けるつもりはない。率直に言って、北朝鮮から自力で身を守らせるべきだという論も成り立つはずだ」と述べた。

さらに、日本と北朝鮮の間で武力衝突が起きる可能性に言及し、「恐ろしいことになるだろうが、衝突する時は衝突する」と語った。

トランプ氏は最近、日本と韓国から米軍を撤退させて核兵器に置き換えるべきだとの考えを示し、物議を醸していた。

オバマ米大統領は1日の記者会見で「こんなことを言う人物は外交や核政策、朝鮮半島や世界全体の情勢がよく分かっていない」と批判していた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]