スーパーチューズデーで見えた6つのポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
大統領選を勝ち抜くのは誰?

大統領選を勝ち抜くのは誰?

6.ライバルの足を引っ張るケーシック氏とカーソン氏

ケーシック・オハイオ州知事に撤退を求める声が強まっているのは、トランプ氏に対抗する候補の票を同氏が奪っているからだ。

例えばバージニアでのケーシック氏の得票率は9.4%。一方、ルビオ氏は2.8ポイントの差でトランプ氏に敗れた。ルビオ氏はCNNとのインタビューで「互角の争いだった。もっと候補者が少なければ勝てたはず」と話した。

勝者総取り方式のオハイオを前に、ケーシック氏への撤退圧力はさらに強まるだろう。ルビオ氏がフロリダに加えてオハイオを制した場合、両州で一気に計165人の代議員を獲得できる。しかしケーシック氏が残留していたらそれは無理だ。

ただケーシック氏からみれば、自分の足を引っ張っているのはルビオ氏だということになり、協力は望めそうもない。

元神経外科医のカーソン氏もまた、撤退を拒否している。カーソン氏は代議員をほとんど獲得できていないものの、福音派の支持基盤がクルーズ氏と重なるため、票が割れる原因となっている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]