静かな超音速旅客機、米NASAが開発へ

2016.03.01 Tue posted at 20:05 JST

[PR]

(CNN) 米航空宇宙局(NASA)は29日、静かに飛ぶ超音速旅客機の有人試験飛行モデルの初期設計を、米航空防衛機器大手ロッキード・マーチンに2000万ドル(約22億6000万円)で発注したことを明らかにした。

NASAの新たな航空機開発事業の1番手になるプロジェクトだという。特殊な技術を使って、超音速で飛ぶ時の衝撃波による爆音を抑える。

NASAのボールデン長官はバージニア州のロナルド・レーガン・ワシントン・ナショナル空港で、このプロジェクトを正式に発表。「より環境に優しく安全で静かな飛行と同時に、より速く飛ぶ機体の開発、より効率的な航空システムの構築を目指す」と述べた。

NASAはロッキードの先進開発部門、スカンクワークスと提携し、低騒音化技術の開発に取り組んできた。同部門の幹部は29日の声明で、「我々の技術が要求に応えられることを確信している」と述べた。

超音速旅客機としては、かつて英仏が共同開発したコンコルドが商業飛行を実現した。しかし燃費の悪さや整備コストの高さ、さらに騒音問題などが重なり、2000年には墜落事故で113人が死亡。コンコルドは03年を最後に全機が退役した。しかし、超音速機の開発熱はその後も衰えていない。

NASAによると、試験飛行モデルは縮尺2分の1で、1号機の設計、製作期間は数年に及び、飛行開始は20年頃となる見通しだ。

メールマガジン

[PR]