米国発のエールフランス機2機が緊急着陸、爆弾の脅迫

ソルトレークシティーに緊急着陸したエールフランス機

ソルトレークシティーに緊急着陸したエールフランス機

(CNN) 米国からフランスに向かっていたエールフランスの旅客機2機が17日、爆破予告を受け米国やカナダの空港に緊急着陸した。2機とも無事だった。

米当局者によると、エールフランス65便はロサンゼルスからパリに向けて飛行中、地上からの爆破予告を受け、ソルトレークシティーの空港に着陸した。この件に関連して逮捕者や暴れた乗客の有無は現時点で不明。

別の当局者によると、その直後、ワシントンからパリに向かっていたエールフランス55便も爆破予告を受けて、カナダ・ノバスコシア州ハリファクスの空港に着陸した。

2つの爆破予告が同一人物によるものかどうかはわかっていない。

米連邦捜査局(FBI)ソルトレークシティー支部の特別捜査官は、「複数の当局が脅迫がどのような性質のものだったか確認を行っている」と述べた。

北米航空宇宙防衛司令部(NORAD)は、いずれの事案でも戦闘機の緊急発進はなかったと述べた。

65便に乗っていた男性は、操縦士が出て来て緊急着陸の必要があると説明したと語った。「飛行機に乗っていた人は全員このロビーで待機している。何が起きているのか誰もわからない」

同機の別の乗客は、夕食が終わったところで急にトレーを下げられ、「安全でない飛行条件」を理由に着陸したと語った。FBIが乗客の取り調べを行っているという。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]