米軍の飛行船が首都近郊を漂流 戦闘機緊急発進、停電も

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
漂流した飛行船「JLENS」により停電の被害も=Raytheon

漂流した飛行船「JLENS」により停電の被害も=Raytheon

(CNN) 米首都ワシントン圏の防衛目的で使われている北米航空宇宙防衛司令部(NORAD)の飛行船「JLENS」が、係留を外れてメリーランド州の施設から漂流し、隣のペンシルベニア州に着地した。

この間、戦闘機2機が緊急発進してJLENSを追い、船体が上空を漂流した地域で停電が発生するなどの騒ぎになった。

NORADによると、JLENSはほとんど空気が抜けた状態で、ペンシルベニア州内で見つかった。州警察など地元当局は一帯の安全を確保して現場に近づかないよう住民に呼びかけ、軍が船体の回収に向かっている。

ペンシルベニア州コロンビア郡当局や電力会社によると、JLENSは同州ブルームズバーグの上空で電線に引っかかり、約1万5000世帯が停電した。死傷者が出たという情報は入っていない。船体がケーブルを引きずって漂流したため、学校では安全のため子どもたちを避難させた。

国防総省によれば、JLENSを追跡するためF16戦闘機2機がニュージャージー州の州兵施設から緊急発進。米連邦航空局(FAA)も他の航空機の安全を確保するため同船の追跡を続けた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]