ワイキキビーチに下水が大量流入、遊泳禁止に 米ハワイ

2015.08.26 Wed posted at 11:41 JST

[PR]

(CNN) 海水浴客でにぎわうはずのハワイ・ホノルルのワイキキビーチで、大量の下水が海に流れ込んだために当局が遊泳を禁止した。

ビーチでは24日、監視員が拡声器を使って遊泳客らに海に入らないよう呼びかけた。

市の環境局などによると、豪雨のためにマンホールから下水があふれ出し、排水路を通じて1900立方メートルもの下水が海に流れ込んだ。浸水を免れようとマンホールのふたを開ける違法行為が相次いだことも、問題に拍車をかけたという。

地元テレビ局の取材に応じた水着姿の女性は「泳ぐために来たのに」とがっかりした様子。「汚物が浮いているかもしれないと考えるとパラダイスとは思えない」とこぼした。

ビーチ際で24日に予定されていたイベントも中止になった。このイベントはハワイ出身のサーファー、デューク・カハナモクを記念して毎年開かれているもので、24日はカハナモクの生誕125周年を祝うはずだった。

ホノルル市の当局者は、「水の中に何があるかは今のところ分からない。深刻な感染が起きて健康被害が出る恐れのあるほか、もっとひどいことになる可能性もある」と警告する。

それでも海岸には数十人が残り、中には監視員の呼びかけを無視して海に入る人も。米カリフォルニア州から来たという男性は「ダメだと言われても行く。これだけ大量の海水があるんだから、小さな粒子1つくらいで具合が悪くなったりはしないだろう」と気にとめない様子だった。

遊泳禁止がいつ解除になるかは不明。当局は今後数日かけて海水を採取して検査する予定だという。

メールマガジン

[PR]