米医薬品当局、「女性用バイアグラ」を承認

(CNN) 米食品医薬品局(FDA)は18日、女性用の性機能不全治療薬「フリバンセリン」(商品名Addyi)を承認した。閉経前の性欲減退に効果があるとされ、「女性用バイアグラ」とも呼ばれている。

製造元の米スプラウト・ファーマシューティカルズによると、臨床試験では37%の性欲向上効果がみられたという。

2002年に実施された調査によると、成人女性の約3分の1は性的欲求低下障害(HSDD)を経験している可能性がある。

ただ専門家によると、その背景には複雑な要因が絡んでいることが多い。臨床心理学者のジュディ・クリアンスキー氏は、女性が性欲を持つ条件について「自分の体や自分自身に対する肯定的な気持ちや、相手から愛されているという実感が必要。男性が薬を飲むのとは違う」と指摘する。

フリバンセリンは女性用バイアグラと呼ばれるが、バイアグラが男性の身体機能に直接作用するのに対し、抗うつ剤などと同様、脳の中枢神経系に働きかける点が大きく異なる。バイアグラは性行為の前に必要に応じて飲む薬だが、フリバンセリンは毎晩1回ずつ服用する。

フリバンセリンは過去2回の申請が副作用の恐れなどを理由に却下され、今年6月に承認勧告が出ていた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]