カップルがヘビと一緒にレストランに、客逃げ出す 米

カップルがヘビを店内に持ち込み、一部の客が逃げ出す騒ぎがあった

カップルがヘビを店内に持ち込み、一部の客が逃げ出す騒ぎがあった

(CNN) 米ミズーリ州ニクサ市のレストランで男女のカップルがニシキヘビの一種である「ボア」を店内に持ち込み、一部の客が慌てて逃げる騒ぎがあった。

ヘビを目撃した女性客の1人が店の管理責任者に通報したが、カップルは身体障害者を助ける動物とし、店内に共にいることが認められるべきだと主張したという。

地元のCNN系列局KYTVによると、この言い分に納得しなかった女性客は、テーブル越しにヘビを引き渡すなどしていたカップルに詳しい理由を質したところ、男性はうつ症の鎮静効果があると答えたという。

カップルはこの女性客の後ろのテーブル席に着席したが、ヘビは滑り落ちるなどの動きを見せていたという。

米国の身体障害者保護の関連法によると、障害者の支援に当たる動物は犬のみが認められている。

ニクサ市の広報担当者は今回の騒ぎについて、店側は入店の客の権利擁護などを考慮し、どう対処すべきかを知らなかったのだろうと述べた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]