宅配ピザのDNAから殺人容疑者を特定 米ワシントン

米ワシントンで資産家家族ら4人が殺害された現場

米ワシントンで資産家家族ら4人が殺害された現場

ワシントン(CNN) 米ワシントンで企業経営者の自宅の焼け跡から粘着テープで縛られた4人の遺体が見つかった事件で、警察は21日、現場に残されたピザの食べ残しから見つかったDNAをもとに、容疑者の身元を特定した。

指名手配されたのはダロン・ウィント容疑者(34)。被害者が経営する会社で働いていたことがあるとみられるが、解雇されたのかどうかは分かっていない。

ウィント容疑者には窃盗や性的暴行などの前科があり、当局は金目当ての犯行とみて行方を追っている。

14日に遺体で発見されたのはアメリカン・アイアン・ワークス社のサバス・サバポラス社長兼最高経営責任者(CEO)と妻、10歳の息子、それに家政婦の4人だ。

被害者は粘着テープで縛りあげられ、鈍器で殴られた傷があった。当局は、放火される前に殺害されたとみている。息子には刺し傷や暴行の痕があったという。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]