保安官が受刑者に格闘強要か、勝敗賭ける 米

(CNN) 米カリフォルニア州サンフランシスコ郡の保安官事務所は28日までに、郡内の刑務所で服役者に殴り合いを強制し、保安官代理4人が勝敗を賭けていた疑いがあるとして米司法省に対し調査を要請した。

4人はいずれも白人で、格闘を強要されていた服役者が全ての人種に及んでいたため、人種差別が絡んでいた可能性がある。

体重が約68キロとその2倍以上もある約159キロの男性受刑者2人が戦いを強いられた例もあったという。殴り合いを拒否した場合、拷問を加えると脅していた疑いもある。

同州の公選弁護士が殴り合いの犠牲者から事情を聴くなどして、疑惑を調べた。体重68キロの男性は新たな格闘に備えるため腕立て伏せなどの訓練を命じられていた。しかし、この受刑者の父親が実態を知って当局に連絡。新たな格闘は中止され、調査が始まっていた。

格闘は一定期間続いていたとみられる。刑務所内では格闘の事実は広く知られていたとみられるが、多くの者は口を閉ざしていた可能性がある。

別の公選弁護士は、4人の保安官代理が別の同僚に知られることなく刑務所内を仕切り、格闘を行わせるのは不可能と主張した。格闘の首謀者は1人の保安官代理とされ、この人物は2006年に受刑者に対する性的暴行の罪に問われたが有罪にはなっていなかった。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]