中国設定の防空識別圏、米軍機2機が飛行 事前通告なし

米爆撃機が防空識別圏を飛行

(CNN) 中国が沖縄県の尖閣諸島(中国名・釣魚島)を含む東シナ海上空に設定した防空識別圏を、米空軍のB52戦略爆撃機2機が25日夜(日本時間26日朝)、約1時間にわたり飛行したことが分かった。米当局者が匿名で語った。

同当局者によると、B52は米領グアム島から飛び立ち、数時間後に何事もなく同島へ戻った。訓練飛行だったため、武装はしていなかった。

防空識別圏は不審機の接近時に緊急発進(スクランブル)を実施する基準として、領空とは別に設定される空域。米軍は中国側が求める事前通告をせず、操縦士らも名乗らずに進入したという。

中国が23日、防空識別圏の設定を発表したことに対して、米国は「状況をエスカレートさせる行為」と非難し、これを認めない姿勢を示した。

中国側は米国の動きを「不当な介入」「無責任」と批判して強く反発。米国のロック駐中国大使に正式に抗議していた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]