小学校銃乱射から約1年 捜査報告書を公表、動機は解明できず

小学校銃乱射で捜査報告書

(CNN) 昨年12月に米コネティカット州ニュータウンの小学校で起きた銃乱射事件で、州検察当局が25日に捜査報告書を公表し、犯行の動機については解明できないまま捜査を締めくくった。

この事件では当時20歳だったアダム・ランザ容疑者が、自宅で母親を殺害した後、小学校に侵入して1年生の児童20人と教員など6人を殺害し、警察が到着すると自ら命を絶った。

報告書では事件について、「自殺も含めて計画的な犯行だったことは証拠からも明らか。しかしなぜ犯行に及んだのか、なぜサンディフック小学校を狙ったのかについては、はっきりとした手がかりがない」と記している。

ランザ容疑者の精神状態については、「重度の精神衛生問題のために、普通の生活を営んだり、他者と交流したりする能力に支障をきたしていた」とする一方で、「同容疑者に面会した精神衛生の専門家の目には、犯行を予見させるような前兆はみられなかった」と報告した。

検視の結果、アルコールや薬物なども検出されなかったという。

ランザ容疑者が大量殺人や銃器に対して強い執着心を持っていたことも分かった。コンピューターからは、過去の大量殺人事件について詳細に記録した表や、銃を使った自殺ビデオ、自分の頭部に銃口を向けた写真、学校での銃乱射を描いた映画やゲームが見つかったという。

一方で、人気ゲーム「ダンス・ダンス・レボリューション」にも没頭し、自宅や劇場でダンスに興じていた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]