「サンディ」の米死者54人に NYの交通一部再開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

住宅地が砂に埋まる 「サンディ」猛威の爪あと

(CNN) 大型の温帯低気圧「サンディ」で大きな被害が出た米国では、31日までに死者数が54人に達した。上陸から2日経っても多くの地域で停電や洪水が続いている一方、公共交機関が徐々に運行を再開するなど復興の動きも出始めた。オバマ大統領は同日、ニュージャージー州の避難所を訪れ、被災者の救援に全力を挙げると強調した。

サンディによる死者は、31日までに確認されただけでカリブ海で67人、米国で54人、カナダで1人の計122人に上った。同日夜の時点でまだ米東部の約550万世帯で停電が続く。各地で発生した火災はまだ延焼中の場所もあり、洪水に見舞われた地域の多くは水が引かない状態だ。

マンハッタンの病院では地下の浸水で発電機が使えなくなったため、患者700人を避難させている。ブルックリン地区で発生した火災では住宅110棟に延焼した。スタテン島でも高波のために住宅数十棟が破壊され、少なくとも14人が死亡した。

サンディが上陸したニュージャージー州沿岸のトムズリバー地区では、避難命令に従わずに取り残されていた70人が救助された。

まひ状態となっていた公共交通機関は、ニューヨークのバスが31日から通常通りの運行を再開し、通勤列車も一部が運行。地下鉄は一部区間をバスで代替しながら1日に運行を再開する。一方、ニュージャージー州は鉄道もバスもまだ再開していない。マンハッタン周辺の道路は徒歩や自転車で通勤する人であふれている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]