米陸軍に「ピンク」のM60型戦車が登場――砲撃訓練の標的

砲撃訓練場で標的の位置に据えられるピンク色のM60型戦車=米国防総省提供

砲撃訓練場で標的の位置に据えられるピンク色のM60型戦車=米国防総省提供

(CNN) 米中西部のオクラホマ州フォートシルにある陸軍の砲撃訓練場にこのほど、新たな標的として鮮やかなピンク色に彩られた旧式のM60パットン戦車が登場した。

同訓練場での標的は従来、老朽化したジープや装甲輸送車が多かったが、M60型戦車に最近変更された。フォートシルには戦車の砲撃訓練の拠点であるケンタッキー州フォートノックス基地から同型戦車2両が到着し、車体はピンクと紫色にそれぞれ塗られた。

米国では10月は女性の乳がん対策の啓蒙(けいもう)月間とされ、ピンクがシンボルカラーともなっている。米プロフットボール(NFL)の選手がピンクのシューズやタオルを使う光景も見られる。今年11月の米大統領選へ向けたオバマ大統領、共和党のロムニー候補の2回目となる直接討論会では両候補の夫人2人がピンク系の色の服装で登場していた。オバマ氏がピンクのゴム製の腕輪を付けた姿も確認されている。

ただ、M60型戦車がピンクに塗られたのはこの啓蒙月間とは無関係とみられ、陸軍によると彩色は兵士に砲撃すべき標的を教えるためのものとなっている。

M60型戦車はベトナム戦争で米陸軍の機甲師団の主力兵器として投入された。米軍の現在の主力戦車はM1エイブラムスとなっている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]