10歳少女のバラバラ殺人事件で17歳高校生を訴追 米国

(CNN) 米コロラド州デンバー郊外の公園で10歳の少女の切断された遺体が見つかった事件で、同州ジェファソン郡の検察当局は30日、17歳の少年を性的暴行と殺人の罪で訴追した。

訴追されたのは、州内の高校に通う男子生徒。10歳少女の殺害のほか、5月に起きたジョギング中の女性(22)に対する性的暴行や殺人未遂など、17件の罪に問われている。

男子生徒は被害者の少女の自宅の近所に住んでおり、少女を絞殺して遺体を切断し、一部を少女の自宅の床下に置いた疑いで、1週間前に逮捕された。

少女は10月5日に小学校へ徒歩で通学する途中で行方不明になり、5日後に公園でバラバラになった遺体が見つかった。23日になって、男子生徒の母親が警察に息子の携帯電話を届け出たことから捜査が急展開。警察によれば、生徒は調べに対して犯行を自供したという。

検察は生徒を成人として訴追しており、弁護側が不服を申し立てる可能性もある。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]