高層ビルでクレーン折れる、「サンディ」の影響で 米NY

高層クレーン折れる、「サンディ」接近で 米NY

(CNN) 大型の温帯低気圧「サンディ」が接近する米ニューヨーク・マンハッタンの中心部で29日、建設中の高層ビル上部にあったクレーンが強風にあおられて部分的に破損し、交通量の多い西57番ストリートの上空にアームが垂れ下がった状態になっている。

現場には警察や消防が駆けつけ、57番ストリートは一部が通行止めになった。ニューヨーク市当局は同日午後、周辺のビルの上層階の住民に対し、下層階に避難するよう呼びかけた。その後、避難対象区域をさらに拡大している。

通りを1つ隔てた位置にあるル・パーカー・メリディアンホテルは、宿泊客を別のホテルに避難させているという。

クレーンが垂れ下がった高層ビル「ワン57」は、ニューヨークの中でも屈指の高級アパートの建設が進められている。ニューヨーク・タイムズ紙によれば、最上階のペントハウスは9000万ドル(約72億円)もするという。

同物件の管理会社によると、同日午後2時半ごろ、サンディによる強風の影響でクレーンのブーム部が破損し、強風にあおられて57ストリートの上空に押し出された。現在、市当局と連携しながら、安全確保のための措置を検討しているという。

ニューヨークでは約27メートルの強風が吹いており、市建設局は28日の時点で、サンディの到来に備えてクレーンの安全確保を促していた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]