第2回討論会はオバマ大統領が攻勢 ロムニー氏も反撃

米大統領選第2回討論会 国内経済をテーマに激論

(CNN) 米大統領選に向けたオバマ、ロムニー両候補による第2回テレビ討論会が16日夜(日本時間17日午前)、ニューヨーク州のホフストラ大学で開かれた。オバマ大統領が「精彩を欠いた」とされた第1回討論会から一転して攻勢に出たのに対し、ロムニー氏も強い口調で反撃した。

討論会は、両候補が会場に集まった有権者約80人から直接質問を受けるタウンホール形式で開催された。90分間にわたる討論の中で、オバマ大統領はロムニー氏の政策が富裕層の利益を優先していると批判。一方、ロムニー氏はオバマ政権の経済政策は失敗だと繰り返し主張した。両候補ともマイクを片手にフロア上を動き回り、熱のこもった議論を展開した。ロムニー氏が司会者の言葉をさえぎって発言を続ける場面も目立った。

最初に質問に立ったのは、卒業後の就職に不安を抱く大学生だった。前半はエネルギー政策、税制改革など国内経済問題に質問が集中した。

外交問題では、リビア東部ベンガジで先月起きた米領事館襲撃事件を巡り、大統領の責任を問う質問が出た。ロムニー氏は、オバマ政権が事件をテロだと認めるまでに時間がかかったと批判し、その背景には政治的配慮があったとの見方を示した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]