ロムニー氏の夫人の搭乗機で煙充満 米大統領選

選挙戦で演説するアン夫人

選挙戦で演説するアン夫人

(CNN) 米大統領選の共和党候補であるミット・ロムニー前マサチューセッツ州知事のアン夫人が搭乗する航空機で21日、突然煙が機内に充満し、コロラド州デンバーへの臨時着陸を強いられる緊急事態があった。

ロムニー氏陣営の報道担当者が短文投稿サイト「ツイッター」で明らかにしたもので、電気系統の不具合が原因とみられる。チャーター機にはアン夫人の秘書と要人警護に当たるシークレットサービス要員らが乗っていたが、米連邦航空局(FAA)によると負傷者はいなかった。

航空機はネブラスカ州オマハからロサンゼルスへ向かっていたもので、デンバーの空港の滑走路には緊急車両が待機するなど一時は騒然とした雰囲気に包まれた。

同機のパイロットが操縦室内の煙に気付いた後、通報し、デンバーへの臨時着陸が指示された。着陸に問題はなく、乗客は外に避難した。

この騒ぎを知った同氏は電話でアン夫人に連絡を取ったという。陣営によると、ロムニー氏はネバダ州ラスベガスでの選挙戦絡みの行事を予定通り消化する予定。

ロムニー氏陣営は数日前、コロラド州プエブロ空港で起きた航空機墜落事故を受け、同州での日程を中止する影響を受けていた。今年8月下旬にはフロリダ州タンパからインディアナ州インディアナポリスへ向かっていたロムニー氏搭乗のチャーター機でシークレットサービス要員が機内の手洗い所に武器を置き忘れる失態も起きていた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]