チベット初の高速鉄道が開業、「世界の屋根」での難工事の末

チベット初の高速鉄道が開業

(CNN) 中国・ チベット自治区の区都ラサと林芝(ニンティ)を結ぶ、同自治区初の高速鉄道が6月25日に開業し、旅行者らは高山地帯の風景を車窓から楽しめることになった。

これで、中国本土における省級行政区(一級行政区)31全てで高速鉄道が運用されることになる。

「世界の屋根」と称されるチベットでの高速鉄道の線路建設は、6年がかりの難工事となった。

長さ435キロの新路線の約90%は海抜3000メートル以上に位置し、路線全体の75%を47本のトンネルと121基の橋が占めている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]