EU、日本などから観光客受け入れ再開 米大都市も制限緩和

デンマークは新型コロナウイルスワクチンの接種を終えた米英などからの観光客の受け入れを再開した/Jonathan Nackstrand/AFP/Getty Images
写真特集:世界各地で観光業再開の動き

デンマークは新型コロナウイルスワクチンの接種を終えた米英などからの観光客の受け入れを再開した/Jonathan Nackstrand/AFP/Getty Images

(CNN) 欧州連合(EU)はこのほど、日本や米国など14カ国からの不要不急の渡航に対する制限解除を勧告した。これで対象国から欧州への観光旅行が大幅に容易になる。

対象となるのは日本や米国のほか、アルバニア、オーストラリア、イスラエル、レバノン、ニュージーランド、北マケドニア、ルワンダ、セルビア、シンガポール、韓国、タイ、中国の各国。

一方、状況が悪化している英国からの渡航制限解除は見送られた。英国はインド型の変異株(デルタ株)の症例数が増えたことを受け、6月21日に予定していた新型コロナ規制の全面解除が7月19日に延期された。

米国では6月15日、ニューヨーク州(ニューヨーク市を含む)で新型コロナ関連規制がほぼ全面的に解除され、同じ日にカリフォルニア州の経済活動も再開された。大規模な火災のために13年間閉鎖されていた同州ビッグサーの人気ハイキングコース、ファイファーフォールズ・トレイルも再開されている。

同州サンフランシスコでは8月から、パンデミックが始まって以来初めてケーブルカーの運行が再開される。運賃は無料になる。

一方、カナダと米国の国境は2020年3月から続く封鎖が継続される。カナダは18日、不要不急の場合を除く外国からの入国規制を7月21日まで延長した。

中東やアフリカ、アジアではモロッコが6月15日に海外からの旅行者の受け入れを再開したほか、アルジェリアも空の便の運航を再開している。アラブ首長国連邦(UAE)のアブダビは、外国からの旅行者に対して義務付けていた隔離措置を7月1日で中止する。タイのプーケット島も7月1日から受け入れを再開する。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]