キティジェットで「どこへも行かない空の旅」、台湾エバー航空が運航

台湾のエバー航空は父の日の8日に代替旅行が楽しめるフライトを提供する/Courtesy Eva Air

台湾のエバー航空は父の日の8日に代替旅行が楽しめるフライトを提供する/Courtesy Eva Air

(CNN) 台湾のエバー航空は現地で父の日に当たる8日、どこへも行かない空の旅が楽しめる特別便を運航する。新型コロナウイルスの影響で半年以上も海外旅行が中断する中、海外へ行きたいという市民の欲求に応えて「代替旅行」を楽しんでもらおうと企画した。

同便は台湾桃園国際空港を出発して上空を巡り、約3時間後に同じ空港に戻る。もしも天気が良ければ、観光地の亀山島や、フアドンの美しい海岸線などが眺められる。

機体は人気が高い「ハローキティジェット」を利用する。同機には、キティやマイメロディ、キキとララなどサンリオの人気キャラクターが描かれている。

機内アメニティもハローキティがテーマで、普段は長距離便に限られるWi―Fiや機内エンターテインメントシステムなども利用できる。

機内食は、ミシュランの3つ星シェフ、中村元計氏が創作したちらし丼、または牛肉麺が選べる。

出発は8日午前10時半、便名は「BR5288」。5288の数字は、中国語で「お父さん大好き」と発音が似ているという。

旅行代金はエコノミークラスが5288台湾元(約1万9000円)。1000台湾元の追加料金でビジネスクラスにアップグレードできる。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]